読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分校の短角牛コロッケは旨い 道の駅三田貝分校

道の駅三田貝分校は、岩手県下閉伊郡岩泉町にある国道455号の道の駅である。

f:id:sakutahate:20170109234019j:plain

岩手県岩泉町には「道の駅」が2つあります。

1つは「道の駅いわいずみ」で、そこには「大地工房」というレストランがあります。
f:id:sakutahate:20170109234131j:plain

もう1つが「道の駅 三田貝分校」です。

「分校」なんて、変わった名前の道の駅ですけど・・

f:id:sakutahate:20170109234121j:plain

建物も変わっています。まさに「分校」風なんです。

f:id:sakutahate:20170109234325j:plain

その姿は、もう、いかにも小学校の分校です。
私が卒業した札幌の小学校は、古い木造の2階建て校舎だったんで、なんだか懐かしい感じがします。

ここは、岩泉町立門小学校の三田貝分校の「閉校」(開校じゃないですよ)を記念して設立された道の駅なんです。
だから本物の分校そのものではありませんが。f:id:sakutahate:20170109234227j:plain

へぇ、どんなところなの?
って興味津々で入ってみましょう。
お店の開店時間、いや分校の「参観日」ですって、それは18時までです。
実に、おもしろいです。

内装も分校風なんです。

入って左手には、下足箱。
ここで内靴に履き替えます・・・ってのはウソ!

 

右手には小さな黒板があって
 担任 平井直子
 日直 岩瀬弘行
 転校生 川部絢子
なんて書いてあります。

レストランは「三田貝分校 給食室」です。(笑)f:id:sakutahate:20170109234417j:plain

レストラン内は、パイプ椅子と机が置いてあって、まさに小学校風。

f:id:sakutahate:20170109234451j:plain

壁には、時間割表や世界地図も貼ってある。

f:id:sakutahate:20170109234518j:plain

分校時代の生徒たちが描いた絵や習字も張り出してあって、小学校らしさを演出しています。
いや、演出ではなく、自分たちの懐かしい小学校の想い出そのものを残しているのかも。

お待たせしました、手作り「いわいずみ短角牛コロッケ」です!
1個120円。

f:id:sakutahate:20170109234545j:plain

これだぁ!
「コロッケ1つ下さい!」

しっかりきつね色のコロッケ。
表面に粉を吹いたような焼けたパン粉が食欲をそそります。

 

ほふ!あふい!
皮はしっとり、中はトロリン状態。

短角牛のミンチは、柔らかいポテトの中に、まばらに入っているだけ。
なのに、肉の旨みを自己主張しているじゃないですかぁ。
こりゃ、旨いです!

このコロッケを食べるためだけでも、ここに立ち寄ることをお勧めします。

道の駅の建物の左側は、お土産屋です。

f:id:sakutahate:20170109234607j:plain

 

なかなか楽しめる道の駅です

ぜひ一度立ち寄ってみてはいかがでしょう

 

道の駅情報はじゃらんからもどうぞ